MENU
MENU

Access VBAスタンダード資格取得

AccessVBA基礎からはじめてVBAスタンダード資格を取得

AccessVBAの基本から学習をスタートし、実践力はもちろんのことAccessVBAスタンダード資格の取得を目指します。

受講期間 1ヶ月~1年9ヶ月
授業時間 74時間
授業料 199,100円(税込)
取得可能資格 AccessVBAスタンダード 合格保証制度付

カリキュラム

AccessVBA基礎
VBAとは
VBAとは何かを学習します。
VBEの基本操作
VBAを記述するVBEの基本操作、VBAの記述場所について学習します。
基本文法
VBAを記述する上での決まりごと、基本構文、利用すると便利な機能について学習します。
イベントプロシージャの作成
フォームを開く、ボタンをクリックするなど、特定のオブジェクトの動作(イベント)に関連付けられたプログラムを作成する方法について学習します。
演算子
VBAで利用できる演算子の種類について学習します。
データベースの基礎知識
Accessのテーブル・クエリ・フォーム・レポートなどについて復習をします。
マクロ
Accessのオブジェクトであるマクロの作成方法について学習します。

変数と定数

プログラムの考えかたで重要な変数を利用する流れ、変数の規則、変数のデータ型、定数について学習します。
配列
配列の概念、基本的な使用方法について学習をします。
条件分岐
条件によって処理をわけるIfステートメント/Select Caseステートメントについて学習します。
繰り返し処理
特定の処理を繰り返すFor...Nextステートメント、For Eachステートメントについて学習します。
AccessVBA応用
関数
VBA関数(文字列操作関数/日付操作関数/変換関数/評価関数/定義域集計関数/その他の関数)の利用について学習します。
DoCmdオブジェクト
データベースを操作するDoCmdオブジェクトについて学習します。
フォーム・レポートの参照方法
フォームオブジェクト、レポートオブジェクトの取得方法について学習します。
フォーム・レポートのプロパティ/メソッド
フォームやレポートに対するプロパティやメソッドについて学習します。
イベントプロシージャ
フォームを開く、カーソルを移動する、データを更新するなど、Accessで発生する様々なイベント(動作)に対応して処理を自動実行するイベントプロシージャについて学習します。
SQL
データベースから必要なデータを抽出し、操作するための言語であるSQLについて学習します。
エラー制御
プログラムのミスを見つけて修正する作業であるデバッグを効率的に行うための様々なツールとその利用方法、エラー処理に関するステートメントについて学習します。
変数・コレクション
変数の適用範囲や、オブジェクト変数、コレクションについて学習します。
プロシージャ
Subプロシージャ、Funtionプロシージャ、イベントプロシージャの使い分けと、使い方について学習します。
システム開発
データベースの種類、システム開発のフローを理解した上で実用的なシステムを設計、開発します。
AccessVBA演習
基本構文
VBAベーシックレベルの確認を行います。
フォーム・レポート操作
フォームやレポートの様々な操作について復習します。
SQL
データベースから必要なデータを取り出したり、集計を行う方法や、SQLを利用した応用操作を学習します。
ADO
データベースに格納されているデータを、直接VBAから操作することで、効率的に処理を行うことができます。データベースにあるデータに直接アクセスすることができるADOについて学習します。
DAO
ADOと同様にDAOでもデータベースに格納されているデータを、直接VBAから操作することで、効率的に処理を行うことができます。ADOとDAOの違いを理解したうえで、DAOを使用したデータベースの接続について学習します。
OLEオートメーション
OLEオートメーションとはWindowsアプリケーション間でデータ連携を実現する機能の1つです。Wordの文書内にExcelの表を埋め込むなどExcel以外のアプリケーションの利用や、Windowsの操作を制御する方法について学習します。
ファイル操作
テキストファイルやエクセルファイルをインポート、エクスポートする基本的な流れについて学習します。
AccessVBAスタンダード対策

試験合格のための試験対策問題・模擬試験を行います。

VBAコース一覧へ

スキルアップのためのOfficeコース

資格取得のためのOfficeコース

ISA公式Facebook